TOSEMIのお仕事

東セミ講師が本気で取り組むスキルアップ研修「そろばん編」


東セミでは、生徒の成績を上げるための様々な研修に

力を入れています。

今回は、きらめきっずそろばんで行っている

スキルアップ研修についてご紹介します。

 

なぜ研修に力を入れているのか

 

きらめきっずで導入している『いしど式そろばん』では、

『先生こそが最新の専門知識や指導技術を学ぶことが重要である』と言う考えの元

年数回の指導法研修が開催されています。

また、全国珠算連盟の教師資格を取得することが出来、

資格取得者は毎年一定数の研修の受講が義務づけられています。
しろっくまくんロゴ持ち

『そろばん教育を通じて子供たちの成長を支えるだけではなく、

先生自身が自分を磨き、人間として成長すること』

私たちは、このことを、

子どもたちのやる気を引き出し、

未来を切り開く力を育む使命を持ったものとして

心に刻んでいます。

 

きらめきっず独自のそろばん指導法研修

 

それでは、具体的にどのような研修を行っているのかを

ご紹介します。

今回は、2019年9月にきらめきっずの講師で行った、

そろばん指導法研修会の様子をご紹介します。

 

この時の研修では、

指導技術向上のために、

そろばん基礎テキスト『ホップ』の指導法について

ポイントの確認と指導シミュレーションを行い、

良かった点や直した方がいい点などを

お互いにアドバイスをしたり、

気になる点を質問しあったりしました。

 

この指導法研修を行った後は、

それまでよりも分かりやすく楽しい授業が出来るようになります。
EBA9B94E-02A5-43C4-A5FF-735136CDDA4E

いしど式本部から発行されている指導マニュアルは、

幼児にも伝わりやすく精査された内容になっています。

ですから指導法を極めるには、

まずは指導法マニュアルに目を通し、

単元ごとに、言わなければならない事の確認や

言ってはいけない台詞等を覚えなければなりません。

また、言わなければならない事を覚えていても、

言うタイミングを間違えると、生徒を混乱させてしまうので、

指導の流れやタイミングも確認する必要があります。

 

1度や2度の研修で出来るようになることではないので、

繰り返し指導法研修を行って指導法を確認していきます。

 

いしど式そろばん九州支部研修

 

きらめきっずでの研修の他には、

定期的にいしど式そろばん九州支部で行われる

研修会にも参加しています。

 

九州支部での研修では

①支部内での情報共有

②いしど本部の講師の方を招いての指導法・技術研修

③イベント運営に関する情報共有

などを行っています。

 

いしど本部の講師の方による指導法研修では、

指導シミュレーション練習や、

そろばんについての知識研修などを行います。

 

より分かりやすい指導法や、

『叱り方』『褒め方』等生徒との接し方についての研修を受ける事で、

生徒を楽しませながら成長させる事が出来るようになります。
993A751E-1EC3-4C0B-B6F5-33593ED76423

まとめ

 

如何でしたか?

このように、きらめきっずそろばんでは

指導法などの研修に力を入れています。

 

きらめきっずが目指すのは、

全ての生徒が楽しんで、

自ら学び、成長する事が出来る教室です。

 

生徒たちのために

今後も研修に取り組んでいきます。