TOSEMIのお仕事

熱き情熱コーポレーション 中途社員 インタビュー


熱き情熱コーポレーション 中途社員 インタビュー

写真①

「中途社員」会社から求められるものとはいったい何なのか?

同じ業界からの転職はもちろん、まったく違う業界からの転職者もいる

東セミでは、何を求められるのだろうか?

また、転職を考えるときにどうしても思ってしまうのが、

人間関係や社内環境。今回の社員紹介では、中途入社の1年目である

高原先生にそのインタビューをしていきました。

 

◆入社して、初めに感じたこと

写真②

入社して最初に感じたのが、ルーキーやベテランに関係なく、社員が「情熱」を持って仕事をしている点でした。それは、上からの指示でというわけでなく、社員それぞれが自ずと「情熱」を持てていることに驚きがありました。その秘密はどこにあるのだろう?それを考えてみると、社員同士のつながり、「一体化」にあるのだと感じました。

東セミの社員は、何事に対しても本気で取り組んでいます。仕事はもちろんのこと、仕事以外も本気です。テニス・フットサル・野球などスポーツに始まり、飲み会、食べ歩きツアーなどなどが定期的に行われています。野球は実際の野球場を貸し切り、試合を行ったりもしました。また、それぞれの行事に強制参加は一切ありませんし、すごく楽しい時間を過ごせます。

また、仕事になると生徒に対して本気で向き合い、生徒のために仕事ができる。このあたりが、「情熱」をもって仕事ができる理由の1つではないのかと思っています。

 

◆中途社員に求められること!

写真③

中途社員として、どのような人材を求めているのか。それは「情熱」を持っていることと、「提案」をしていくことではないかと思っています。特に「提案」に関しては、今までの経験を生かせる場となります。同じ業界でもいろいろと違いはあります。他業種になると尚更で、その経験は貴重な財産だと思います。その違いをきっかけに実に様々な提案ができます。そして、その提案をできる場も与えてもらえます。実際に入社半年で幹部会議に呼んでもらえ、その場で自分の提案をいくつもさせてもらえました。もちろんその提案がすべて通るわけではありませんが、そのような場は、皆に均等に与えられています。

 

◆入社前の不安なこと

写真④

いざ転職を考えたときに、いろいろと不安がありました。人間関係・出勤体制・給与…。ただ、結果的にこの転職は正解だったと断言できます。まずは人間関係ですが、先にも述べたように非常に良いです。社員皆が本当に気持ちよく迎えてくれ、言いたいことも言いやすい環境が出来上がっています。これは、他の新入社員・中途社員に聞いても同じ答えが返ってきます。

また出勤体制、特に休日についてはすごく考えてくれてくれています。私は、同じ業界からの転職なのですが、正直自分の子どもの入学式・運動会などの行事に参加することはあきらめていました。それが東セミでは、運動会に参加することを前提で勤務体制を組んでくれています。そのような行事に限ったことではありませんが、家族の時間を非常に大事にしてくれる、温かい会社、そして同僚だと改めて感じました。

 

◆入社1年が経過して

写真⑤

入社前は、心機一転頑張るぞ!という気持ちで入社したのですが、1年経って現在はというと、その気持ちが以前より大きくなりました。大分で№1の塾にしたい!そんな気持ちが日に日に大きくなっていきます。それは、今の仕事の環境がそうさせるものであると確信しています。まずは気持ちです。社員募集は今もしていますので、是非、採用サイトをご覧ください。